医学部の予備校に通っていました

自分は初めて競争相手の実態というモノを知った

予備校に通って医師になる事が出来ました自分は初めて競争相手の実態というモノを知った今に至る考え方が構築されることになった

常にモチベーションが高い所にあって、休憩中でも意識は勉強にあるというぐらいの雰囲気で勉強している事に驚きました。
此処で、自分は初めて競争相手の実態というモノを知ったという事があったわけです。
それまでの自分はどんな人たちと競争をするのかという事が全く割っていなくて、先生方が言われる厳しさが理解できていないという事がありました。
実態が分からないので無理はないのですが、こうした身近にとんでもない人達がいるとその凄さが分かるわけです。
学生の時には医学部を目指しているという人が自分の周りにはほとんどいないという事がありましたから、自分はある程度の地位を得ていたという実感があり、やれば出来るという自信もそれなりにあったわけです。
ですが、一発合格が出来るほど医学部というところが甘いところではないという事もある程度は理解していたので、試験に落ちた時もまあそうだろうというぐらいで特に深刻に考えることは無かったわけ。
ですが、周囲にそうした凄い人物がどんどんと出てきて努力をしている姿を見せられると、自分のモチベーションの低さや目標意識のなさが痛感されるということになり、此処で初めて本気で目標を掲げて努力をするという事を始めたという事になったのです。
遅いといえば遅かったかもしれませんが、これは自分にとっては大きな意味のある事となりました。
何しろ初めて厳しい現状認識をする事が出来た瞬間という事が言えなくもないわけです。
当然それからは生活スタイル全般が変化して、勉強に打ち込むという事をするようになりました。

私大医の受験者数を見ると金持ちの数にびっくりする
闇深の医学部予備校が流行るのも分かる

— 極早生人参 (@Carrotman1go) 2019年1月21日