医学部の予備校に通っていました

今に至る考え方が構築されることになった

医学部予備校確実に医学部合格をつかみ取る志望動機の考え方とは?

そして今に至る考え方が構築されることになったという事も言えるでしょう。
この世の中が甘いものでは無いという事を実感して、それに対して抵抗することを覚えた時期という意味でも大きな意味がある事でした。
今になって感じる事は義務教育というのは、この義務という言葉を外した方が良いかもしれないという事です。
義務という事を言うと、やらされている感じになるので、自分は被害者だというような意識を持つことが出来てしまうわけ。
自分の意に沿わない事をさせられているので、本気を出すことが出来ないという言い訳になるという事が良くないと感じています。
本気で競争をしている人の中にはこのような甘い考えは一切ないのです。
自分がどれだけの事をするのかという事を常に考えるという事しか頭の中にはありませんから、やらされているいう考え方は無いのです。
そして、この世の中は常に競争によって成り立っているわけですから、この意味を学生の時から理解しておく必要があります。
受験というのはその競争の最たるものだと考えなければなりません。
何しろ学力試験で点数をつけて成績順に落としていくという競争以外の何物でもないシステムが厳然と存在しているわけですから、そこに義務というような考えで挑んでも勝てるわけが無いのです。
この事を本当の意味で理解するという事を考えれば、この義務教育というのが如何に甘かったのかという事が自分などにはよくわかります。
義務教育だからこそ帰る時間が設定されてゆとり教育というような意味不明なものまで出てくることになったわけ。
自分から言わせてもらえばゆとりで勝てるはずはありませんから、そのような甘い世界ではないという自覚が必要でした。

予備校に通って医師になる事が出来ました自分は初めて競争相手の実態というモノを知った今に至る考え方が構築されることになった