医学部の予備校に通っていました

予備校に通って医師になる事が出来ました

予備校に通って医師になる事が出来ました自分は初めて競争相手の実態というモノを知った今に至る考え方が構築されることになった

自分は医学部の予備校に通って大学の医学部に合格をして医師になる事が出来ました。
この予備校での経験は自分にとって大きなものとなったことは間違いありません。
というのは人生で初めて目的を明確にして頑張るという事をしたときだったからです。
実は予備校に行く時にはまだそれほどの覚悟というモノは無かったのですが、通いだすとこれは大変だという事に気づいたのです。
自分が本当に頑張らないと、講義についていく事が出来ないという事に気づいたというか、周囲の努力に比較して自分が出来ていないという事が分かったので、このままでは駄目だという事がハッキリと理解出来た瞬間がこの時期だったという事になります。
高校を卒業した後の最初の受験で医学部には受からなかったわけですが、それでもまだ自分には危機感のようなものはなくて、予備校に行けば何とかなるというような事をかんがえていました。
そこで頑張るというか適当にやっていれば合格することは出来るのではないかというように甘く見ていたところがあったわけです。
ですが、その考え方はすぐに否定されるということになりました。
その事は周囲がとんでもない優秀な人達で溢れていて、何でこんな人たちが予備校に来ているのかというように思われたぐらいの人達がいたのです。
その優秀な人達が常に前向きに自分の知識を増やそうと努力をしているわけですから、これは凄いところなのだという事にすぐに気づいたというわけです。
そして、そうした人たちが頑張る理由として一番考えられたことが、目的意識をハッキリとさせていて、自分に対して常に課題を課しているという事があることでした。